薬剤師です、よろしくおねがいしまーす。


by 4naaa5yyuf

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 北海道伊達市大滝区の山中にある洞窟(どうくつ)「百畳敷」で、つららが逆さに伸びたような氷の柱「氷筍(ひょうじゅん)」が林立している。

 洞窟の天井から落ちた水滴が凍り、タケノコのように伸びていく現象。天井付近は0度以上、地表が氷点下になると形成される。

 12月から伸び始め、すでに2メートルを超えたものもある。国道453号から雪道を徒歩約1時間。約5000本が並ぶ様子は壮観だ。【近藤卓資】

【関連ニュース】
氷柱:荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父
氷柱:氷の芸術、舞台は渓谷−−埼玉・秩父
信州・旅したい:高山村「五色温泉」 /長野
氷柱:神秘的光景に感激 光の芸術、小林さん制作−−高山・氷点下の森 /岐阜
大寒:ぽかぽか 1月の観測史上最高、下仁田で気温19.1度 /群馬

「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
労働安全衛生法違反容疑で2業者書類送検(産経新聞)
女子学生の映像、無断で講義に「化粧濃すぎ」(読売新聞)
亀井金融相「神戸の少年ではないが純ちゃんは郵政を切り刻んだ」(産経新聞)
<鳩山首相>小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)
[PR]
by 4naaa5yyuf | 2010-02-05 20:22
 火山噴火予知連絡会(会長、藤井敏嗣・東京大地震研究所教授)が2日、気象庁で開かれ、桜島(鹿児島県)の1月の爆発的噴火が1955年10月の観測開始以来、最多の131回を数えるなど火山活動が活発化していることが報告された。

 桜島は、09年6月下旬以降活動が活発になり、7月に噴火警戒レベルが火口周辺への立ち入りを規制する2から、入山を規制する3に引き上げられた。10月以降は、噴出物が激しく飛ぶ爆発的噴火が頻発し、火山灰の量も増えている。

 噴出物を分析した結果、より深部のマグマ物質の比率が増加していた。また、火山灰の量が増えている一方で山体の沈下は認められないことから、桜島直下へのマグマの供給量は増加傾向にあるとみられる。

 藤井会長は「ただちに大規模噴火に移行する兆候は認められないが、今後、火山活動が活発化することは避けがたい」と話し、警戒を呼びかけた。【石塚孝志】

【関連ニュース】
旅:活火山の島を満喫 鹿児島・桜島
桜島の降灰:09年鹿児島市内、農業被害5億7450万円 /鹿児島
桜島まるごと体験フェア:桜島で食・工芸・温泉を満喫、あすから初開催 /鹿児島
桜島大根フェア:お越しを 宣伝隊が毎日新聞福岡本部を訪問 /福岡
大雪:やっと一区切り 市民生活に支障 /鹿児島

結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)
<海底火山>福徳岡ノ場が噴火 4年半ぶり 南硫黄島沖(毎日新聞)
【施政方針演説】全文(5)課題解決に向けた責任ある政治「戦後行政の大掃除」(産経新聞)
「週刊ゴング」の老舗出版社が破産 下火のプロレス人気に追い打ち(産経新聞)
防衛相「沖縄の人たちの気持ちを重く受け止める」(産経新聞)
[PR]
by 4naaa5yyuf | 2010-02-04 20:47
 鳥取の連続不審死で、昨年4月に鳥取県北栄町沖の日本海で水死したトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=について、鳥取県警は26日、知人の元スナック従業員の女(36)=詐欺罪で起訴=が殺害した疑いが強まったとして殺人容疑で立件する方針を固めた。女は矢部さんとの間に金銭トラブルがあったという。

 県警は、昨年10月に変死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=に対する殺人容疑で週明けにも女を再逮捕する見通しで、この捜査が終わり次第、矢部さんの殺害容疑で事情を聴く。昨年11月に発覚した事件は連続殺人に発展する公算が大きくなった。

 県警によると、矢部さんは昨年4月4日に行方が分からなくなり、1週間後の同11日に日本海沖で遺体が見つかった。

 捜査関係者によると、死因は水死。遺体に外傷はなかったが、体内からは「ハルシオン」など睡眠導入剤の成分が検出された。女は当時、矢部さんから100万円以上の借金をしており、返済を迫られていたという。

 詐欺罪の共犯として起訴された同居の男(46)の供述によると、男は行方不明当日、矢部さんの車に乗って海へ出掛けた女から携帯電話で呼び出され、自分の車で北栄町の海岸へ向かった。

 到着後、服がぬれた状態で女が姿をみせたため、理由を尋ねると「矢部さんともみ合いになった」と説明。矢部さんの車はあったが、本人の姿はなく、しばらく辺りを探しても見つからなかった。その後、同県倉吉市内の量販店で衣類を購入し、女は別の場所で着替えたという。

 これまでの捜査で、不明当日に矢部さんと男の車が鳥取市内から北栄町へ向かう幹線道路を通過していたことが、自動車ナンバー自動読み取り装置(Nシステム)の記録で判明。また量販店の販売記録などから、男の供述通り衣類を購入していたことも確認された。

 県警は、(1)金銭トラブルによる殺害動機がある(2)女が普段から睡眠導入剤を所持し、遺体から成分が検出されている(3)遺体発見現場に居合わせている−など、円山さんが死亡した不自然な状況と酷似している点に注目。男の供述も矛盾していないことから、矢部さんについても殺人容疑での立件が可能と判断した。男の関与の有無も慎重に調べる。

 県警は昨年11月、知人の母親から現金をだまし取ったとして女を逮捕。その後、詐欺や窃盗容疑などでこれまでに5回逮捕し、2月2日に窃盗事件の勾留期限を迎える。

【関連記事】
鳥取連続不審死 殺人容疑で女の逮捕状請求へ
女をいよいよ殺人で逮捕へ 鳥取連続不審死
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述
鳥取連続不審死 円山さん殺害容疑で立件へ 薬の成分一致

在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
<高速道路無料化>政府、2月2日に対象路線発表へ(毎日新聞)
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示−厚労省(医療介護CBニュース)
タレント池谷さんが当て逃げ被害=3週間のけが、停車中に−東京(時事通信)
南京事件の犠牲者、隔たり埋まらず…日中共同研究(読売新聞)
[PR]
by 4naaa5yyuf | 2010-02-03 22:02